2004年12月27日

2017/11/14

もうずっと泣いてます。悲しくて、でもチャイマに会えて良かったなと思って。
2004年12月27日、チャイルドマシーンは解散しました。
31日にテレビがありますが、実質的な活動は今日が最後だと思います。
行けなかった人の為にレポしたいと思います。
下記の通り、私は少し出遅れてしまったため、レジのお姉さんに
「大分後ろになり、姿は見えず声だけになると思います」と言われながら、チケットを買いました。
別に姿はそんなに見えなくてもいい、とか思ってたんですが、
始まる前立ち見の列並びに行ったら、私より後ろの人結構多い。
結局私は立ち見でも真ん中の方で見れました。
その後、ライセンスが言っていましたが今日のお客の入りは670人だったそうで、
今年のルミネ最高の入りだったそうです。
公式の客席数は458だからざっと212人。
これは少し多すぎるかもしれないけど、それぐらい立ち見が入ったって事でしょう。
全員が全員チャイマを見に来たわけではないでしょうが、
本当にここぞと言うときに集まるチャイマファンが私は大好きだ。
ということで、7じ9じ簡単にレポ。
前説はガリットチュウ。
◆ラフ・コントロール
今日は多いですね〜(漫才の人はかなり言ってた)から始まり、
客イジリ〜言葉遊び〜ショートコントしながらケンカ。
◆佐久間一行
くるっと不動産。変わらないねさっくん。好きだよ。
◆ルート33
デート〜CM〜お遊戯。何回このネタ見ただろうか。
ネタの流し方はもうベテラン気味。と同時に少し流しすぎな気も…
◆ニブンノゴ!
ショートコント。こちらも多いですね〜から始まり、今日600人以上だという事を知る。
ニブゴの自由な感じはとても好き。大川さんは慎吾に通じるものがある。
◆ライセンス
カッコイイ〜スノボ〜シーシー(シとス)
上記の通り670人と言う事を教えてくれたのはここでしたが、逆手にとって笑いに変えてました(笑)
◆ハリガネロック
オーディションコント。本当に最近はコントなんですね!ビックリしました。
松口さんのキャラは何度見ても女の子は怖いようで、始まってから(というか終わるまでずっと)
近くの女の子は「怖いから早く帰って」とか言ってました。そんな殺生な(笑)
ハリガネロックの漫才はガンガン喋る、松口さん怒る、みたいなタイプですが、
このコント一切松口さんが言葉を喋りません(笑)
松口さんのキャラの怖さでひたすらひっぱります。それにビックリ。完全にキワモノコントですよ(笑)
ファンの方は、やっぱりあの漫才が好きだと思うのですが、これはどうなんですかね。
ビックリしたのでやたら文が長くなってしまった。WHITEでやったネタなのかな。
◆ガレッジセール
な〜んとなく思っていたけど、ガレッジに来て、チャイマはやはりトリだなと確信する。
ゴリさんは開口一番「俺たち解散しま〜す」いやいやごめん今日ばかりは笑えないから。
ネタにしてくれたのは嬉しいけどさ。やっぱ笑えなかった。
フリートークは1/4のドリームマッチの話。川ちゃんはウドと、ゴリはロンブー亮とらしいです。
ちょっと楽しみだな〜と思ったらスポーツ革命と被ってるわ。ながら見で。
◆2丁拳銃
冒頭、やたらテンションが低いのが気になった。というかもしかしたら今日、空気重かったかもしれないな…
ナレーション〜楽しい病院。テンション低めでしたが面白かったです。
◆チャイルドマシーン
やはりネタ組トリでした。ネタは私の予想通り、22日と全く同じ構成のちょっとだけEnglishでした。
チャイマファンは必死に見ていたんじゃないかな。ちょっとだけEnglishはやっぱり裏切らない。
そして、「もうええわ」の言葉の後。「ありがとうございました」と言って、
山本さんは大きく客席に手を振り、樅野さんは深く深く礼をして、去っていきました。
チャイルドマシーンの姿がよく現れているような最後でした。
終わった後に「こんなに笑いとってるのになんで解散するんだろ」と言う言葉が聞こえてきて、本当にせつなかったです。
◆スペシャルメニュー ロンブー班「ドキドキ!喫茶店」
出演者:ロンドンブーツ1号2号・ペナルティ・じゃぴょん。・アダムとイブ
これ、やるの何回目だったんだろう。あまり練られていない気がしたけど…
こういうコントを見てしまうと、少しでも練られている新喜劇が見たくなる。
しかし、今思い返すと客席がやっぱり重かったのかもしれない。もう少し受けても良かったかもね。
確実に笑いをとってたのはワッキー。いい仕事してたのは桑折さんかな。
ワッキーが携帯電話で話してる時に「○○〜なにやってんの?in the park」と挟み込んでくれました。
素敵なプレゼントありがとうワッキー。「面白かったわね、in the park」そういう言葉だけで嬉しいです。

そして握手会。沢山の人が待つ中で、小堀さんが注意などを言いに来てくれました。
サインやカメラはダメだけど、プレゼントはあげてあげてね。なんて言葉を投げかけてくれました。
そして握手会開始。泣き出しちゃう子もいて、山本さんは明るく声をかけたりしてましたが、樅野さんは終始ローテンションだったと思います。
握手会が終わりに近づいた頃、列の最後に大村さんと小堀さんが並び。
あまり良く見えなかったんですが、お疲れ様でしたと言ったり、サインもらったりしてたみたいだったかな?
本当に全ての握手が終わった時、小堀さんが「最後なんだからなんか言いや」みたいな事を言って、二人からのコメントが。
樅野さんが「いい時にやめたなぁと。こんなにファンの方が来てくれて。」
「どうせ他に移るんでしょうけどね」みたいな事を言ってました。
ファンがいたからこそ、みたいな事も言ってたかな。もうここら辺悲しくってよく覚えてないのです。すみません。
そして、これから二人はわかれますが、これからも応援して下さい、みたいな事を言ってました。
そして最後、「みんなでチャイルドマシーンお疲れ様でしたって言おうか」と小堀さんが言うと、
多分チャイマが「いやそれは…」と照れた?っぽく。
小堀さんはすかさず「じゃみんなでドゥンビドゥンで!!」笑うファン。
小堀さんのせーの!の合図でチャイマファン全員で「ドゥンビドゥン!!!!」
ちょっとこの光景は今考えると少し面白いんだけど、感動した。
そして二人は私たちの前から去っていきました。
最後まで、余計なことは言わず、颯爽と去っていった二人。
この最後の挨拶の時に結構泣いてる子が多くて。
二人が去っていった時、ファンの涙は止まらなかったように思います。
かくいう私も、握手の時はこらえたけど、最後の挨拶と去っていく二人を見て、泣いてしまいました。
ちくしょーーーーなんでこんなに好きなんだよーーーー
こんだけ愛されてたんだよーーーーーーーー!!
チャイマと、素晴らしきチャイマファンと共有したあの時間を、決して忘れません。
あの時確かに、ファン全員が、去り行くチャイマを惜しんでいました。
もっと、もっと、もっと、見ていたかった…
もっと、もっと、もっと、二人に笑わせ続けて欲しかった…
二人に手紙をどうしても渡そうと思って、渡したんですが、
今思い返すと、ちょっといいファンぶりすぎたかも…。
もっと素直に気持ちぶつけたほうが良かったかな…。なんで解散するんだよ馬鹿ー!とか、復活しろー!とか。
でもそんな事書けなかったんだよ、やっぱ嫌われたくなくって。
チャイマに入れ込みすぎてて、正直ショックがでかいです。
今はただ、二人の門出を祝うけども。私の中でチャイマは永遠だし、チャイマの事はずっと好きです。
ウザイと思われてもずーっとチャイマのベイビーだよ!!
さて。チャイマは、本来は28日最後の代理の仕事が入っていました。しかしそれは結果的になくなり、
今日が最後の舞台だったんですが、ルミネで終わりで逆に良かったのかな、と思いました。
チャイマの銀7時代は知らないのでどれくらいの人気だったかはわかりませんが、
銀7が閉鎖してルミネが出来るまで、チャイマは解散の危機が持ち上がるほど
仕事に困っていたし、精神的にも良くなかったのだろうと思います。
でもその時、社員さんに止められて、二人は続けることにしました。
そして、ルミネが出来て。チャイマはルミネに入り浸って、ルミネで成長して、ルミネで有名になりました。
そんなチャイマの締めにふさわしかったのは、やはりモリエールではなく、ルミネだったのではないかと。
本当は少しでも一日でも長く見ていたかったけどね。
私が初めて生でチャイマを見たのもルミネでした。ルミネには足を向けて寝られませんな。
そんなルミネで買ってきたお笑いスタイルLAUGH!1000円と高めですが、
チャイマさんが1ページでも最高の笑顔です。いいですよ。
最後の最後にこれ。はー未練たらたらになっちゃうじゃないか。今日はこれ読みながら寝るとしますかね…